禁煙

お仕事でご迷惑をおかけしているかたには、
たいへん申し訳ないのですが、
この週末の自堕落な時間は半ば意図的なものでした。

時間稼ぎ――とでも言えばいいのでしょうか、
布団に入って嵐が過ぎるのを待つ――
あ、いや、そう書けば、
まるで嵐が外を通過していったみたいだけど、
実際に襲ってきた嵐はわたしのなかを通過し……
というか、まだまだいまでも通過中で、
なんとかこの嵐をやり過ごして、
台風一過のような青空を見て、空気を吸い込んでみたい、
と思っているしだいです。

そう、煙との決別の試みですね。

これまで何十度も試み、何十度も失敗してきたことだから、
また試みたところで結果は変わらないと思われているみたいだし、
自分でもそう思っているフシがあるのだけど、
まあその分、気楽に取り組めているとも言えるでしょう。

煙草を吸うと、世界全体が重しがついたように安定してくる
ような感覚がありますが、
吸いつづけていた煙草を停止したときも、
小学生のころの夏休みの朝のラジオ体操に行く前のような
感覚が体内によみがえってきます。

どちらもそれぞれ魅力的な感覚なので、
これからその両者の間で綱引きが始まるのですが、
今日は昨日までのように眠ってごまかすわけにいかないので、
さてどうするか、ですね。

[PR]

by pivot_weston | 2008-12-08 06:46 | ブログ