緊張の糸

誰でも多かれ少なかれそうだろうが、
昔から、
これが切れると猛烈に眠くなる。

昨日もそんな1日だった。

ワイン会社ルミエールの会長
塚本俊彦さんの業績の集大成とも言える本を作りたい――
そう言って協力を頼まれたのは、
去年だったか、今年に入ってからだったか、
ともかく、それから何度も何度も企画書を書き、
サンプルページを作ってきた。

わたしが打診した出版社は
どこもあまり乗り気になってくれなかった。

でも、ここへ来て急に、
塚本さんご夫妻と親交のあるガラス工芸家
由水常雄さんのご紹介で、
ある出版社が乗ってくれそうな雰囲気になってきた。

折りから、
ボルドーのワイン・シャトーの団体、
アカデミ・デュ・ヴァン・ド・ボルドー
の代表団が来日している。

今回の企画は、
その団体が全面的にバックアップしてくれることになっている。

だから、おととい急に、
「明日までに英文の企画書を作ってください」
と頼まれた。

それで、おとといの夜、それをざざざーっと作ったら、
なんだかとてもほっとした気分になり、
昨夜は眠気を制御することができなかった。

ともあれ、一歩前進だ。

[PR]

by pivot_weston | 2008-11-27 08:45 | ブログ