ロシア語とウクライナ語の翻訳の仕事

農水省からこんな調達(入札)情報が届いています。

・ 「放射能汚染に関する国際文献(ロシア語)和訳業務」
・ 「放射能汚染に関する国際文献(ウクライナ語)和訳業務」
(上記……案件問い合わせ先:大臣官房経理課調達班……)
http://www.maff.go.jp/j/supply/nyusatu/buppin_ekimu/sonota2/index.html

たぶん、いま旧ソ連圏への出張を繰り返している知人が取り組んでいる
放射能汚染対策に関する文献だと思います。

われこそは――と腕に自信のあるみなさんは、
どんどん入札に参加してください。
(知人のためにも、いい翻訳原稿があがることを願っています。)

もっとも、こういう省庁の入札に参加するのは
そう簡単にはいかないみたいです。
だからこその情報リレーでもあります。

日本の行政官庁からは、
総額にすると恐ろしい金額の仕事が出ています。
しかし、これまでのように
その入札参加のハードルを軽くクリアできる特定の人たちばかりが
入札に参加していると、
国家予算の流れがいびつになり、また、
むだが生じる原因にもなります。

そういう意味でも、
これまであまり公官庁の事業に目を向けてこなかった民間企業のみなさんにも、
あきらめず、どんどん省庁入札に目を向けていただきたいと思います。

[PR]

by pivot_weston | 2011-06-27 16:45 | ブログ