人生の1ページ

さっ、1週間のはじまりだ!

3月までは慣れない国会議員の秘書なんてものをやってきて(ほんの半年だが)、
4月は生まれてはじめて選挙なんてものにも関係し、
地元・西新宿の「淀橋村」の雰囲気を大切にしたいという点で意気投合した
若者候補者をボランティアで応援し、
その月の末からは心臓バイパス手術を受けた母親のほうのフォローに走り、
5月はそのフォローを続けながら、
ヤバイッ! 稼がなきゃ――の思いでコツコツ仕事に打ち込んだが、
月末になると、その仕事もそんなに定常的に出ないことがわかり、
はて、この先どうしたものか、と
母を迎えるために少し広いところへ移した自宅で考えあぐねた6月。

当面は本の仕事もしているので、
さしたる有効な手立ても見つからないままだが、
いくつか前向きに手を打つことは打ったので、
よしっ、明日からは気分一新、バリバリ行くぞ――
と思いながら眠りの世界にはいった昨夜。

あらっ、目がさめてみると9時をすぎている。

なんや、歳をとってくると気合の入りも悪くなるのだろうか。
でも、なんやろう、変やな、と、いぶかる思い。
(たぶん、心のどこかで、
5時か6時くらいに目をさまし、朝のうちにいくつか仕事をかたづける、
というような「気分一新の朝」を期待していたのだろう。
その「期待」に沿わない流れに
(そんなの、自分の責任以外のなにものでもないのだが)、
なにかよからぬものが向かってくるのではないか、
と身構える姿勢が、心の底にはある。)

こういうときにはほんとうに世のなかというのはよくしたものだと思うが、
コンピュータを立ち上げようとすると、
買ってひと月もたたないコンピュータが立ち上がらない。

ちっ、よりにもよってなんで今日?
新しいスタートの日にしようとしていたのに、
なんでおれの人生はいつもこう――と、
若いころのわたしなら間違いなく考えていた。

でも、いぶかる思いはまっすぐそちらへは向かわない。
いまは、似たような「新しいスタートの日」を何度も体験し、
現実の流れにうらみめいた気分をぶつけることの非効率も実感し、
触角の先っちょが鈍くまるまったふてぶてしいオッサンになっている。

へっ、と吐き捨てる気分で
思うように行かない時間の流れと斜に向き合っていたら、
いよいよ、プッと吹き出した。

元気になって一時的に四国に帰っている母が電話をかけてきて、
「前に頼んどいたこと、やってくれてないやんか。不都合が起きとる」
という。
え、そんなばかな、と思い、その頼まれていたことの手続きを
もう一度チェックしてみる。

そうこうするうちにも時間はどんどん流れていき、
「新しいスタートの日」もいつしか午後に突入した。

でも、プッと吹き出したので、
運命、といっては大げさすぎるだろうが、
目の前の現実の流れをうらんだりする気にはならない。

調べてみると、母の案件はたしかにこちらが意図したとおりに処理されている。
だから、母に電話をかけてそれを伝えると、
「なんや、やってもらう先が間違うとる。
そこにしてもらっても解決せん。
別のところにしてもらいたかったんや」
という。

なら、はじめからそう指示せんかい――だ。
やれやれ、都合の悪いことはすべてほかの人の非として処理する
きわめて健やかな内面の持ち主だ。

そこで、思った。

ははは、「新しいスタートの日」なんて、そんな、
特別な日を自分でクリエイトできるような気分になってはいけない。
結果的には、そういう言葉で形容できる日もあるかもしれないが、
基本的には、今日も昨日と変わらぬ1日。

地球は昨日と同じように、
太陽のまわりをぐる~っとまわりながら、自分でくるくると自転している。

しかも、その動きも周期的なもののように思われているが、
絶対的な座標軸の見つかっていない宇宙では、
ほんとうにわたしたちが思っているように周期的なものかどうかわからない。
(昨日調べたところでは、来る「July 4th」、つまり、
アメリカの独立記念日には、すごい歴史上の符合もあるみたいなので、
そういうことを知ったときには、ふぅん、
やはり地球は周期的な運動をしているのだろうか、とも思いたくなるが。)

つまるところ、
わたしたちはなにがなんだかよくわからないところを
てくてくと飽きもせずに歩いて生きている。
そのどこかで、よしっ、今日をスタートの日に――と
ひとり決めにするのはいいのだが、
だからといって、
自分の頭のなかで勝手につくったイメージを自然界さんに押しつけてたら
自然界さんもいい迷惑だし、
自然界さんに迷惑がられるこちらも疲れるだけだ。

そう、よけいな雑事に煩わされようがどうしようが、
スタートの日ならスタートの日で、スタートすればいいだけの話、
それだけだ。

[PR]

by pivot_weston | 2011-06-27 16:20 | ブログ