今日の日経から

4面の「太陽光発電電力 48円で買い取り 経産省、1キロワット時」。

家庭に設置した太陽光発電パネルで発生させた電力のうち、
使用しなかった余剰電力を
電力会社が1キロワット時当たり48円で買い取ってくれるという。

そんなに儲かりそうな値段ではないが、
これまでの民間企業と電力会社の電力取引の値段の2倍。
185万円の太陽光発電システムを取り付けた場合、
10~15年程度でもとがとれるという。

さあ、買いどきと見るかどうか。

同じ面の「勤務医の待遇改善 焦点 診療報酬改定 厚労省が検討着手」。

医業は価格が全国一律に定められた職業なのに、
どうしてああも貧富の差が出る職業なのだろう。

いや、「貧」はそんなにいないか。
でも、そこそこの「富」を得るために
若手の勤務医たちが支払っている代償は相当なものだ。
彼らは驚くほど長い時間起きて働いている。
それでいて、事故が起こると、責任を負わされる。

彼らが、おれも年をとったら院長になって楽をしよう、
と思ってがんばるようなシステムのままではいけないと思う。
ひずみをニンジンでごまかすようなシステムでは。

医療関係者以外による「検討」も必要だろう。

13面の「マンションの開発請負事業 穴吹工務店が全国展開」。

お、香川の企業ががんばっている。

わが家の近所の合田工務店はどうしているのだろう?
池のほとりの、ほこりっぽい工務店だったが……。

おお、ずいぶんでかくなっている
中学時代に卓球の世界チャンピオンだった長谷川信彦選手から
14ポイントだか何ポイントだかとった
卓球部のキャプテンもまだ中心でがんばっているんだ。
すごいね、みんな。

よし、人のことにばかり感心している場合じゃない。
こっちもがんばらなきゃ。

[PR]

by pivot_weston | 2009-07-10 12:36 | 日経新聞